医療事務の資格をとるならコチラ!最新キャンペーン情報

医療事務の服装は?面接・出勤・勤務中のシーン別の服装例と身だしなみを解説

  • URLをコピーしました!
 

医療事務ってどんな服装がいいの?

これから医療事務を目指す方に向けて、シーン別医療事務の服装例と注意点をまとめました。

この記事の内容
  • 医療事務のシーン別おすすめの服装
    • 採用面接はスーツ?私服?
    • 出勤するときはどんな私服?
    • 勤務中は制服?用意するものは?
  • 医療事務の服装以外の身だしなみ
    • 髪型・ネイル・メイク
みなみ

医療事務員としての実体験をもとに紹介しますので、服装選びの参考にどうぞ♪

筆者みなみのプロフィール
  • 医療事務パート2年目
  • 未経験・無資格から医療事務員
  • アラサーの転勤妻
自己紹介♩
目次

【面接編】医療事務にふさわしい服装

医療事務の面接の服装

まず、医療事務の面接での服装について紹介します。

正社員:スーツが間違いない

医療事務の正社員の面接では、絶対にスーツ着用がおすすめです。

  • 新卒の正社員面接の服装
    • リクルートスーツ+カッターシャツ
  • 新卒以外の正社員面接の服装
    • リクルートスーツ+ブラウス
    • ビジネススーツ

新卒の正社員面接の場合

新卒であれば、リクルートスーツとカッターシャツの組み合わせが王道です。

新卒以外の正社員面接の場合

中途の正社員面接の場合は、落ち着いた色のビジネススーツがおすすめです。

20代で「リクルートスーツしか持ってない!」という方は、中のシャツをブラウスに変えて着用するのもよいでしょう。

みなみ

医療事務では、採用後にスーツを着る機会はほとんどありません。
そのため、上記のような1万円以内のお手頃なスーツがおすすめです♪

下記のようなスーツは悪印象となるので注意しましょう。

  • 現在の体型に合っていないスーツ
  • ビジネスの場にそぐわないスーツ
    (ベロア生地、派手な色、ミニスカート等)
  • しわしわ、汚れのあるスーツ

パート:オフィスカジュアルな私服でもOK

医療事務のパートの面接の場合、手持ちのスーツがあればスーツが最適です。

ただし、スーツを持っていないという方なら、わざわざ購入せずオフィスカジュアルな私服でもよいでしょう。

  • 春夏のパート面接の服装
    • ブラウス+きれいめパンツ
    • ブラウス+ひざ丈スカート
  • 秋冬のパート面接の服装
    • ジャケット+ブラウス+パンツ
    • ジャケット+ブラウス+スカート

クールビズの普及によって、正社員でも夏場はジャケットを着用しない会社が増えています。

医療事務においても、春夏のパート面接ではジャケットなしでも問題ないでしょう。

一方、秋冬のパート面接であれば、シンプルなジャケットを羽織ると印象がよいです。

みなみ

私が夏に医療事務のパート面接を受けたときは、「シャツ」+「アンクルパンツ」+「パンプス」で無事に採用されました♪

具体的な事務系パート面接の服装コーデ例はこちら↓↓

【出勤編】医療事務にふさわしい服装

出勤・通勤の服装

次に、医療事務の出勤・通勤時の服装について紹介します。

勤め先の服装規定を確認する

医療事務の出勤時の服装は、勤め先の病院・医療機関によってそれぞれルールがちがいます。

そのため、必ず自分の勤め先の服装規定を確認しましょう。

みなみ

採用内定の連絡がきたとき、通勤時の服装について尋ねておくと安心です…!

患者さんに謝罪にいける服装にする

特に服装規定がない場合でも、トラブルが起きたときに患者さんに謝罪にいけるような「社会人としての最低限のマナーのある服装」にしましょう。

採用面接ほどのきれいめな服装である必要はありませんが、以下のような服装は避けましょう。

医療事務の出勤時の服装NG例
  • 露出の多い服装
    (ミニスカート、キャミソール)
  • カジュアルすぎる服装
    (サンダル、色落ちジーンズ)
  • 清潔感のない服装
    (シワシワ、汚れている)

私の務め先のクリニックでは、通勤時の服装は基本的に自由です。

ただし、院内処方のクリニックなのですが、「処方薬を間違えた場合、自分で患者さんの家に謝罪にいってお薬を交換する」という暗黙ルールがあります。

そのため、カジュアルすぎる服装は避けるようにしています。

みなみ

もしもに備えて、きれいめの服を1着ロッカーに入れている同僚もいます…!

パートの初出勤の服装例↓↓

【勤務編】医療事務にふさわしい服装

勤務時の服装

医療事務の勤務中の服装を紹介します。

医療事務は制服がほとんど(病院支給)

医療事務は、病院支給の制服があるところがほとんどです。

勤め先の医療機関によって、制服の種類はさまざま。

事務服

スクラブ

私服+白衣

みなみ

制服の洗濯は「病院側でクリーニング」「自宅で各自」といろいろです!

基本的に制服は支給されますが、「各自で用意するもの」もあります。

  • カーディガン
  • 靴(ナースシューズ)

私の勤めるクリニックの場合、上記2点は自分で用意しました。

それぞれ紹介していきます。

用意するもの:カーディガン

医療事務の制服の上に羽織るカーディガンは、各自で用意するところが多いです。

カーディガンの選び方のポイント
  • 落ち着いた色
    (黒・白・ネイビー・グレー等)
  • 自宅で洗濯しやすいもの
    (清潔に保つため)
  • サイズが大きすぎないもの
  • ニットの目が粗すぎないもの
    (だらしなく見えるため)

何度も洗濯するので、制服のカーディガンは傷みやすいです。

1シーズンで気兼ねなく買い換えられる、プチプラのカーディガンがおすすめです。

用意するもの:靴(ナースシューズ)

医療事務の勤務中の靴も、各自で用意するところが多いです。

勤務先の医療機関によって着用する靴に決まりがあるので、勤務前に確認しておきましょう。

医療事務の靴の選び方のポイント
  • 制服に合わせた色
    (黒・白)
  • 脱ぎ履きが面倒ではないもの
  • 長時間の立ち仕事でも辛くないもの
    (受付によっては立ち仕事が長い場合あり)
  • 歩いたときに音がうるさくないもの

医療事務で指定されやすい靴の種類はこちら。

みなみ

あわせて、病院によってはストッキングの用意も忘れずに…!

医療事務の服装以外の身だしなみ

気を付けるポイント

ここまで、医療事務のシーン別服装について紹介しました。

さらに、服装以外に気を付けたい身だしなみにも触れていきます。

髪型:清潔感のあるヘアスタイルと髪色

医療機関に勤める立場として、清潔感のあるヘアスタイルにしましょう。

医療事務の髪型
  • 髪が長い方は、邪魔にならないように後ろでまとめる
  • 頭を下げたときに顔に髪がかかる方は、耳に掛ける、ハーフアップ等で顔が隠れないようにする
  • 髪色:茶色でも暗めの落ち着いたトーン

ネイル:オフィス向きの色で短く切っておく

医療事務では、ネイルは基本的にやめておきましょう。

特に、採用面接のときはネイルをしていただけで減点ということも…。

ネイルOKの職場の場合でも、ネイルをするならオフィスでも違和感のない「ピンク系」の色にしておきましょう。

ネイルNGの職場でも爪が割れやすい方には、爪を保護するタイプの目立たないネイルがおすすめです。

みなみ

医療機関に勤める立場として、爪の伸ばしすぎにも注意です!

メイク:派手なメイクや香料に注意

医療事務では、派手なメイク香料の強いコスメはNGです。

患者さんが不快にならない、清潔感のあるメイクを心掛けましょう。

仕事中の「つけまつげ」もNGのところが多いです。

医療事務の服装は「清潔感」が重要!

本記事では、シーン別の医療事務の服装を紹介しました。

どのシーンにおいても、こちら2点に注意して服装を選びましょう。

  • 社会人としてのマナー
  • 医療現場で働く者としての清潔感
みなみ

同じ医療事務員でも勤め先でルールはさまざま。
同僚の様子を見ながら調整していきましょう♪


このブログでは、未経験・無資格からの医療事務の就職活動について、自身の体験談をもとに書いています。

よかったら参考にしてください。

医療事務の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
トップへ
目次
閉じる