\ 主婦におすすめ!かんたん在宅ワーク4選 /

【2021年版】パート主婦の働き損しない年収は?一目でわかるフローチャート

パート
パート
パート主婦
パート主婦

パート主婦の「年収の壁」って色々あって難しい…

とにかく働き損しない年収を知りたい!

パート主婦には、年収が増えたことで手取り額が減ってしまう「働き損ゾーンの年収」があることはご存知でしょうか?

しかも、この働き損ゾーンの年収は全員同じではありません
(勤務先の規模や雇用条件によって異なります)

本記事では、パート初心者さんでもわかりやすいように、自分の目指すべき年収が一発でわかる『損をしないパート主婦の年収フローチャート』をご紹介します。

みなみ
みなみ

働き損ゾーンを避けて、賢く働きましょう♪

フローチャートの前提条件
  • 会社員の夫をもつ主婦である
    ※夫が自営業の場合、夫の社会保険の扶養に入れないため。
  • 勤務時間及び日数が正社員の4分の3未満
    ※勤務時間及び日数が正社員の4分の3以上の場合、年収に関係なくパート先の社会保険に加入しなくてはいけないため
スポンサーリンク

【2021年】働き損しないパート主婦の年収フローチャート

手取り額で損をしないパート年収のフローチャート
記事内の詳細部分にジャンプします

あくまで ”手取り額を基準”に損をしない年収の目安額です。
社会保険料を自己負担する場合、手取りが減ってしまうデメリットはあります。
しかし、その一方で①将来の年金額が増える、②「傷病手当金」の対象となる等のメリットもあります。

夫の会社に「家族手当」がある場合は注意です!
「家族手当」の支給要件・支給額は会社によって異なります。
支給要件内に年収を抑えた方が家族単位での収入は増える場合も。
参考 パート主婦は家族手当に注意!11か月分を返還した失敗談

スポンサーリンク

パート主婦の年収フローチャートの詳細

これから、先ほどのパート年収フローチャートの内容について詳しく説明します。

①税金で手取り額を減らしたくない

住民税・所得税のかからない年収100万円以下

絶対に税金で手取り額を減らしたくない方は、年収100万円以内に抑えましょう。
※この年収に交通費は含みません。

「100万円の壁」=「住民税の壁」です。

妻のパート収入が年収100万円を超えると、妻の収入に住民税がかかりはじめます。

お住まいの市町村によっては、年収が90万円代でも住民税が課せられることがあります。
市町村のホームページ等でご確認ください。

ちなみにフローチャートにはありませんが、「103万円の壁」=「所得税の壁」です。

年収103万円以上(※交通費含まず)になると所得税がかかりはじめます。

しかし、所得税は収入の壁を超えた金額にのみ課税されるので、たとえ「103万円の壁」をこえても働き損にはなりません

②パート先の社会保険加入要件に当てはまる

パート先の加入要件に当てはまる場合に損をしない年収

従業員501名以上の会社の長期パート主婦が手取り額で損をしないための年収は2通りです。

  • 夫の社会保険の扶養に入れる!
    月額8.8万円(約年収106万円)未満
    ※賞与・残業代・通勤手当を含まない
     
  • 社会保険料を引いても損しない!
    ⇒おおよそ年収125万円以上

「週の所定労働時間20時間未満」の場合、たとえ月額8.8万円以上でもパート先の社会保険加入義務は発生しません。
そのため、年収130万円まで夫の扶養に入って働き損を回避できます。

ポイントは、パート先の社会保険(健康保険・厚生年金)加入要件5つを満たすかどうかです。

パート先の社会保険加入要件
  1. 勤務先の企業は従業員501人以上
  2. 週の所定労働時間が20時間以上
  3. 勤務期間1年以上、もしくはその見込みがある
  4. 月額賃金が8.8万円以上(賞与・残業代・通勤手当含まず)
  5. 学生以外

上記5つのパート先の社会保険加入要件をすべて満たす方は、パート先の社会保険(厚生年金・健康保険)への加入義務が生じます。

このパート先の社会保険加入の境目となる年収を「106万円の壁」=「社会保険加入の壁(大企業タイプ)」といいます。

月額賃金8.8万円×12か月=105.6万円
おおまかに「106万円の壁」と言われています。

パート先の社会保険に加入する場合、パート給与から社会保険料が引かれるので手取り額が大きく減少することになります。

実際に社会保険加入義務の年収を超えた場合の想定手取り額シミュレーションがこちらです。

年収別の手取り額シミュレーション

(例1)年収105万円の場合
夫の社会保険の扶養
社会保険料は0円、税金は約2万円。
⇒ 手取り額は約103万円(※概算)

(例2)年収110万円の場合
パート先の社会保険に加入(扶養外)
社会保険料は約15万円、税金は約2万円。
⇒ 手取り額は約93万円(※概算)

夫の社会保険の扶養に入っている場合は、夫の会社が妻の社会保険料を全額負担します。

みなみ
みなみ

年収は5万多いのに、手取りはマイナス10万円…!

社会保険料を引いても損をしない年収は、おおよそ年収125万円以上からです。

そのため、パート先の社会保険加入要件を満たす方は「おおよそ年収106~125万円」の働き損ゾーンを避けるようにしましょう。

③パート先の社会保険加入要件に当てはまらない

パート先の社会保険加入要件に当てはまらない場合の年収

パート先の社会保険加入要件に当てはまらない方が働き損をしない年収は3通りです。

  • 夫の社会保険の扶養に入れる
    年収130万円未満
    ※賞与・残業代交通費を含む
     
  • パート先の社会保険に加入する
    ⇒おおよそ年収155万円以上
     
  • 国民健康保険・国民年金に加入する
    ※パート先に社会保険制度がない場合
    ⇒おおよそ年収171万円以上

パート先の社会保険加入要件に当てはまらない方は、「106万円の壁」ではなく「130万円の壁」の対象となります。

「130万円の壁」=「社会保険加入の壁(中小企業タイプ)」です。

「130万円の壁」は、交通費・賞与・残業代・手当すべて含みます

年収130万円未満であれば、夫の社会保険の被扶養者となることができ、社会保険料はすべて夫の会社が負担をしてくれます。

しかし、年収130万円を超えると夫の会社の社会保険の扶養から抜ける必要があります。

社会保険の扶養を抜けたあとの選択肢は2つ。

  • パート先の社会保険に加入(推奨)
  • 自分で国民年金・国民健康保険に加入

どちらの場合においても、自分で社会保険料を負担しなくてはなりません。

みなみ
みなみ

そのため、「130万円の壁」を超えると社会保険料によって手取り額は大きく減少してしまいます。

パート先の社会保険に加入する場合(推奨)

もしパート先に社会保険(厚生年金・健康保険)の制度があれば、パート先の社会保険に加入しましょう!

パート先の社会保険に加入する場合は、パート先の会社が社会保険料の半分を負担してくれます。

しかし、自己負担分だけでも収入の約14%です。

(例1)年収129万円の場合
夫の社会保険の扶養内
社会保険料は0円、税金は約5万円。
⇒ 手取り額は約124万円(※概算)

(例2)年収130万円の場合
パート先の社会保険に加入(扶養外)
社会保険料は約19万円、税金は約5万円。
⇒ 手取り額は106万円程度(※概算)

みなみ
みなみ

収入が1万円増えたのに、手取りは約18万円もマイナス…!

手取り額で損をしないためには、年収155万円以上を目指しましょう。

国民年金・国民健康保険に加入する場合

パート先に社会保険制度がない場合は、自分で社会保険(国民年金・国民健康保険)に加入しなくてはいけません。

その場合、社会保険料はすべて自己負担です。

(例1)年収129万円の場合
夫の社会保険の扶養内
社会保険料は0円、税金は約5万円。
⇒ 手取り額は約124万円(※概算)

(例2)年収130万円の場合
国民年金・国民健康保険に加入(扶養外)
社会保険料は約29万円、税金は約5万円。
⇒ 手取り額は約96万円(※概算)

みなみ
みなみ

収入が1万円増えたのに、手取りは約28万円もマイナス…!

手取り額で損をしないためには、年収171万円以上を目指しましょう。

2021年パート主婦の働き損ゾーン年収は?

2021年の働き損のパート年収ゾーン
2021年”働き損”の年収ゾーン
  • パート先の社会保険加入条件を満たしている
    ⇒ 年収106万円~125万円
    ※残業代・交通費・賞与等は含まない
     
  • パート先の社会保険加入条件を満たしていない
    ⇒ 年収130万円~151万円
    (国保・国民年金加入は~171万円)
    ※残業代・交通費・賞与等すべて含む

手取り額で損をしないためには「社会保険加入の壁が最も重要です。

まず、自身が「106万円の壁(パート先の社会保険加入の境い目)」「130万円の壁(夫の社会保険扶養の境い目)」のどちらに当てはまるのか、しっかりと確認しましょう。

  1. 勤務先の企業は従業員501人以上
  2. 週の所定労働時間が20時間以上
  3. 勤務期間1年以上、もしくはその見込みがある
  4. 月額賃金が8.8万円以上(賞与・残業代・通勤手当含まず)
  5. 学生以外
みなみ
みなみ

「社会保険加入の壁」の年収をこえる場合は、働き損とならないよう思いっきり年収を上げることをおすすめします。

加えて、手取り額で損をしないためには以下の2点にも注意です。

この「社会保険料」と「家族手当」にさえ注意すれば、決して手取り額で働き損となることはありません。

みなみ
みなみ

働き損となる年収ゾーンを意識しながら、計画的にかしこく稼ぎましょう

おすすめの在宅ワークの探し方
「扶養内パート」に関するオススメ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました