医療事務の資格をとるならコチラ!最新キャンペーン情報

パート先の社会保険に加入したくない!2022年10月改正後も扶養内でいるには?

  • URLをコピーしました!

扶養内パートで働き中の主婦のみなさま。

2022年10月から「パート・アルバイトの社会保険適用範囲が拡大されること」はご存じですか?

みなみ

知らずに改正を迎えると扶養を外れて働き損になる可能性が…!

特に、これまで「130万円の壁」で年収を調整していた主婦は要注意です。
2022年10月の社会保険適用拡大により「106万円の壁」に該当する可能性があります。

この記事の内容

2022年働き損しない年収ゾーンだけ確認したい方はこちら↓↓

目次

2022年10月~新しい社会保険加入条件

新しい社会保険加入条件

2020年5月29日、「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金制度改正法)が成立しました。

これにより、2022年10月から「パート・アルバイトの社会保険の適用」が拡大されます!

新しく適用される「社会保険加入条件」はこちらです。

【2022年10月~】社会保険加入要件
  1. 勤務先の従業員数が101人以上
    ※現在は、従業員数が501人以上
  2. 2ヶ月を超える雇用の見込みがある
    ※現在は、1年以上の雇用見込み
  3. 週の所定労働時間が20時間以上
  4. 月額賃金が8.8万円以上
    (賞与・残業代・通勤手当含まず)
  5. 学生以外
    (休学中・夜間学生は加入対象)

この5つの要件すべてを満たすと、パート先の社会保険(厚生年金、健康保険)への加入義務が発生します。

みなみ

通称「106万円の壁」の対象者が増えることに…!

106万円の壁」とは?

「106万円の壁」=「社会保険の壁」
※正確には月額賃金8.8万円×12か月=105.6万円

先程紹介した5つの条件をすべて満たすと、パート先の社会保険に加入しなくてはいけません。

5つの条件の中に年収106万円という基準があるので、「106万円の壁」といわれています。

上記5要件に関係なく、「週の所定労働時間」及び「月の所定労働日数」が正社員の4分の3以上だとパート先の社会保険加入義務がありますのでご注意ください。

※おおむね「週30時間以上・月15日以上」なら社会保険加入義務あり

社会保険加入条件の変更点は2つ

法律改正による変更点は、①勤務先の従業員数②雇用見込み期間の2つです。

現在
2022年10月~
  1. 勤務先の従業員数:
    501人以上
  2. 雇用見込み期間:
    1年以上
  1. 勤務先の従業員数:
    101人以上
  2. 雇用見込み期間:
    2ヶ月超
みなみ

加入条件の変更点について、わかりやすくそれぞれ説明します。

①勤務先の従業員数:101人以上

一番注目すべき社会保険加入条件の変更点は、勤務先の従業員数です。

これまでは勤務先の従業員数501人以上でしたが、2022年10月に「従業員数101人以上」、さらに2024年10月からは「従業員数51人以上」まで適用拡大されます。

みなみ

この変更によって、中小企業に勤める扶養内パート主婦さんにも「106万円の壁」が迫ってきます…!

従業員数のカウント方法は、厚生労働省の社会保険拡大適用サイト「事業主のみなさま→対象企業→従業員数のカウント方法」の項目をご確認ください。

②雇用見込み期間:2ヶ月超

2つ目の社会保険加入条件変更点は、雇用見込み期間です。

これまで1年以上の長期パートが対象でしたが、2022年10月からは「雇用見込み期間2ヶ月超」の短期パートでも社会保険加入の対象となります。

たとえ雇用契約期間が2ヶ月以内であっても、2ヶ月以上の雇用継続の見込みがある場合は適用対象となるのでご注意ください。

【対象】適用拡大で影響を受ける主婦は?

2022年10月の社会保険適用拡大で影響を受ける主婦はこちらです。

  • 現在は年収106~130万円で夫の扶養内パート
  • 2022年10月からの新しい社会保険加入条件5つをすべて満たす

上記2つの両方当てはまる主婦の場合、2022年10月からパート先の社会保険に加入となって大きく手取りが減ることになります。

加入条件の「勤め先の従業員数」や「週の所定労働時間」は、自身での判断が難しい部分です。
実際に自分が2022年10月以降にパート先の社会保険に加入対象となっているかどうかは、勤務先に確認することをおすすめします。

みなみ

当てはまりそうな方は、早いうちに働き方の見直しを検討しましょう…!

パート先の社会保険に加入するデメリット

社会保険加入のデメリット

夫の扶養を抜けて、パート先の社会保険に加入する場合のデメリットは「手取り額が減ってしまう」ことです。

みなみ

個人ごとでちがいますが、おおよそ年15万円以上の社会保険料が天引きされることになります…!

社会保険料の負担で手取り額が減る

パート先の社会保険に加入した場合、もともと夫の扶養に入っていた主婦は社会保険料の分だけ手取り額が減ることになります。

原因は、社会保険の加入先による社会保険料の負担割合の違いです。

社会保険社会保険料の
支払い義務
自己負担
夫の扶養10割:夫の会社なし
パート先の社会保険5割:自分
5割:パート先
半額
国民健康保険
国民年金
10割:自分全額
社会保険の自己負担割合

夫の社会保険の扶養に入っている主婦
(社会保険料:自己負担なし

改正後、パート先の社会保険に加入する
(社会保険料:自己負担5割

社会保険料の自己負担分だけ手取り額が減る

そのため、現在夫の社会保険の扶養に加入している主婦は改正後の変化に注意しましょう。

国民年金・国民健康保険の加入者

国民年金・国民健康保険は、保険料が全額自己負担です。
そのため、逆にパート先の社会保険に加入した方が手取り額が増えることになります。

(例)自営業の妻、シングルマザー等

改正後の手取り額シミュレーション(例)

2022年の改正後に「夫の扶養」から「パート先の社会保険に加入」となる主婦の手取り額シミュレーション(概算)です。

主婦A子さん
  • パート先:従業員数200人
  • 週の所定労働:22時間
  • 年収:110万円
  • 現在、夫の会社の社会保険に加入中
改正前増減改正後
年収110万円±0円110万円
社会保険料
・年金
・健康保険
0円+15万円約15万円
税金
・所得税
・住民税
約2万円±0円約2万円
手取り額108万円–15万円93万円
みなみ

将来の年金額が増える等のメリットはありますが、手取り額が15万円も減ってしまうのは悲しい…!

お住まいの都道府県・勤め先の保険組合・介護保険料の有無等によって、社会保険料や税金の額は変わります。
あくまで「概算」のシミュレーション結果です。

「働き損」となる年収について詳しく知りたい方はこちら!
>> パート主婦の働き損がわかる!年収フローチャート

パート先の社会保険に加入するメリット

パート先の社会保険で手取り額は減ってしまうものの、パート先の社会保険に加入するメリットも2つあります。

  1. 将来もらえる年金額が増える
  2. 「傷病手当金」や「出産手当金」の支給対象となる

①将来もらえる年金額が増える

夫の扶養で社会保険に加入している場合、将来「基礎年金」分の年金しかもらえません。

しかし、パート先の社会保険(厚生年金)に加入した場合、「基礎年金」に「厚生年金」が上乗せした年金額を受け取ることができます。

②「傷病手当金」と「出産手当金」の対象

パート先の社会保険(健康保険)に加入すると、「傷病手当金」「出産手当金」の支給対象となります。

「傷病手当金」とは
  • 支給条件:病気やケガで会社を休んだとき
  • 支給額:給与の2/3相当
  • 支給期間:最長1年6ヵ月

傷病手当金/全国健康保険協会

「出産手当金」とは
  • 支給条件:出産のため会社を休んだとき
  • 支給額:給与の2/3相当
  • 支給期間:出産の日(出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲内

 出産手当金/全国健康保険協会

みなみ

たとえパート従業員であっても、パート先の社会保険に加入していれば「給付対象」です。

給付を受けるには、「給付条件」を満たす必要があります。
詳しい給付条件については、各手当の詳細先リンクでご確認ください。

【対応策】パート先の社会保険に加入したくないなら?

社会保険料を払うと働き損・・・
2022年10月以降も社会保険に加入したくない!

改正後にパート先の社会保険の加入対象となる方に向けて、パート先の社会保険に加入しないための対応策2つをご紹介します。

記事内の詳細部分にジャンプ /

対応策①パートの勤務時間を減らす

 

パート先の社会保険に加入したくない場合は…?

勤務時間を「週20時間未満」もしくは「月額賃金8.8万円未満」となるまで減らしましょう。

※月額賃金8.8万円には残業代・交通費・賞与を含みません。

パート先の社会保険加入要件を満たさないように勤務時間を調整することで、夫の社会保険の扶養のまま働き続けることができます。

ただし、勤務シフトをただ減らしただけで「労働契約上の勤務時間が週20時間以上」のままでは社会保険の加入対象となるかもです。
社会保険に加入したくない場合は、事前に勤務先に確認しましょう。

週の所定労働時間を20時間未満では雇用保険の対象外です。
「失業手当」や「育児給付金」を希望する方は注意しましょう。

>>『雇用保険』加入するべし!加入のメリット・注意点

対応策②従業員が少ないパート先に転職する

 

社会保険料を払うのはいや!
でも年収106~130万円稼ぎたい…

その場合は、「従業員100名以下の企業」にパート転職しましょう。

従業員100名以下の企業であれば、2022年10月以降も「130万円の壁」まで扶養のままで大丈夫です。

ただし、パート先の社会保険加入条件は段階的に拡大されます。

将来的なことを考えると、社会保険を理由に転職する場合は「従業員数51人未満の勤め先」をおすすめします。

2022年10月からの社会保険加入対象となる勤め先の従業員数
引用元:社会保険適用拡大特設サイト/厚生労働省
転職先のおすすめは?

社会保険に加入したくないなら働き方を見直そう

あなたは、2022年10月からの「社会保険の適用拡大」で影響を受ける主婦条件に当てはまっていましたか?

  • 現在は年収106~130万円で夫の扶養内パート
  • 2022年10月からの新しい社会保険加入条件5つをすべて満たす

上記2項目が当てはまっている場合、2022年10月からおおきく手取り額が減ってしまう可能性が…!

勤務条件や勤務先は、自分の都合ですぐに変えられるものではありません。

もし改正の影響を受ける場合、はやめに勤務先に相談して働き方の見直しをオススメします。

みなみ

せっかく働くのですから、働き損とならないように年収調整しましょう!

\マンガでお金の勉強!Amazonで試し読みできます/


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる