パート求人はアプリで探そう♪おすすめ無料

パート6時間勤務は休憩いらない?休憩なしは正直きついけど違法ではない!

  • URLをコピーしました!
担当者

6時間勤務で休憩なしは違法?

パート主婦

休憩なしの6時間勤務はつらい?

労働基準法において、6時間以内の勤務であれば休憩はいらないとなっています。

しかし、実際に休憩なしで6時間勤務する場合、体力面や残業面での不安がありますよね?

本記事では、パート6時間勤務の休憩時間に対する疑問について、雇用側とパート側の両目線から解説します。

この記事の内容
  • パート6時間勤務で休憩なしは違法?
    6時間ピッタリなら休憩はいらない
    ※労働基準法の第34条より
  • 6時間勤務で休憩なしはきつい?
    仕事内容によってはきつい(体験談)
  • 実際のところ6時間勤務で休憩はある?
    残業を見越して休憩ありの事例が多い
みなみ

パートの場合、休憩時間の有無で働き方は大きく変わります。
休憩有無にも注目してパート探しを進めましょう♪

パート探しはアプリだと楽々

  • 検索条件を保存しておける
  • 通知設定で新着情報をゲットできる
  • アプリからそのまま簡単応募
仕事探し アルバイト選びはバイトル

仕事探し アルバイト選びはバイトル

ディップ株式会社無料posted withアプリーチ

目次

労働基準法:6時間勤務で休憩はいらない

労働基準法第34条において、6時間勤務の場合は休憩はいらないとされています。

労働基準法に関するQ&A/厚生労働省

休憩時間は法律で決まっていますか?

労働基準法第34条で、労働時間が
6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分
8時間を超える場合は、少なくとも1時間

の休憩を与えなければならない、と定めています。

具体的に紹介していきます。

6時間ぴったりなら休憩時間は不要

勤務時間6時間を超えると休憩付与しなくてはいけないので、逆に言えば6時間以内(6時間ぴったり)の勤務であれば休憩なしでも違法にはなりません

みなみ

もちろん、6時間勤務で休憩ありで働くこともOKです…!

6時間を超える場合は45分間の休憩が必要

勤務時間休憩時間
6時間超~8時間以下少なくとも45分
8時間超少なくとも1時間

勤務時間が6時間を1分でも超える場合、少なくとも45分の休憩時間をとる必要があります。

さらに8時間を超える場合は、少なくとも1時間の休憩時間をとる決まりになっています。

この休憩時間のルールは、パートに限らず、正社員や派遣社員等でも同様です。

休憩取得時の注意点
  • 勤務時間には残業時間も含みます
    そのため、普段の契約時間が「6時間・休憩なし」という方は、原則1分たりとも残業ができません。
  • 必ず休憩は労働時間の途中に取得しなくてはいけません。
    勤務時間終了後に休憩取得はNGです。

パート6時間勤務で休憩なしはきつい?

パートで休憩なしの6時間勤務が法律上問題ない、ということがわかりました。

 

でも、実際のところ6時間勤務で休憩なしはきついのでは…?

仕事内容によっては体力的にきつい

正直なところ、6時間勤務・休憩なしは仕事内容によって体力的にかなりきついと思われます。

私は6時間勤務・休憩なしというシフトで働いたことはありませんが、通常5.5時間勤務の医療事務パートで残業含めて6時間近く働くことは時々あります。

そういった残業がある日は、ひっきりなしに患者さんが来て息をつく間もない1日・・・

みなみ

忙しく6時間ぶっ通しで勤務すると、お腹が減ってかなりしんどいです

就業中に待機時間があるような仕事であれば、休憩なしでも体力的な負担は少ないでしょう。

でも、忙しい職場や体力負荷の大きい職場だとなかなか大変であると予想できます。

拘束時間が短いので効率的に働ける

休憩なしの6時間勤務は体力的な辛さがある一方、拘束時間が短いというメリットがあります。

職場環境によっては、休憩時間なのにしっかり休憩できない場合ってありませんか?

  • 休憩室が狭い・汚い等で落ち着かない
  • 休憩時間にパート仲間と話すのが面倒くさい
  • 休憩時間を削って仕事をさせられる

上記のような休憩時間をもらうぐらいなら、拘束時間が短くて早く家に帰れる方が嬉しい!という方も多いと思います。

みなみ

職場に持参するお昼ごはんの用意がいらないのも嬉しいポイント…!

現実的には6時間勤務休憩ありのパターンが多い

「6時間勤務・休憩なし」は違法ではありませんが、現実的には「6時間勤務・休憩なし」というパターンで働く方は非常に少ないです。

その理由は、通常の労働契約を「勤務時間6時間の休憩なし」とした場合に残業が一切できないからです。

毎日ぴったりの時間に終業してもらわないと違法となってしまう状態では雇用側の管理も大変。

そのため、余裕をもって下記のようなシフト体制の企業が多いです。

  • 6時間以上勤務で休憩時間あり
  • 5.5時間勤務で休憩時間なし
みなみ

実際に私も以前の事務パートでは、9時~16時(6時間勤務・1時間休憩)という契約で働いていました。

パート選びでは休憩時間の有無にも注目!

パートの休憩時間は、労働基準法によって勤務時間に応じて最低限の取得時間が定められています。

勤務時間休憩時間
6時間以内なしでもOK
6時間超~8時間以下少なくとも45分
8時間超少なくとも1時間

休憩時間は人によって欲しい・いらないが分かれるところ。

パートの場合、休憩有無で働き方は大きく変わります。

休憩時間がほしい派

  • 育児中で仕事の休憩時間が唯一のひとり時間
  • 休憩時間にパート仲間と話すのが楽しい

休憩時間がいらない派

  • 職場の休憩時間がヒマで辛い
  • 昼食を用意するのが面倒
みなみ

パート探しでは、休憩時間の有無にも注目しながら求人チェックしてみましょう♪

パート探しはアプリだと楽々

  • 検索条件を保存しておける
  • 通知設定で新着情報をゲットできる
  • アプリからそのまま簡単応募
仕事探し アルバイト選びはバイトル

仕事探し アルバイト選びはバイトル

ディップ株式会社無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次