\ 主婦におすすめ!かんたん在宅ワーク4選 /

【例文あり】パート初日の挨拶は?好印象をもたれる自己紹介

パート
パート

緊張のパート初出勤…

初対面の人と話すのが苦手だから不安…

初めての職場。新人パートとして、どのように挨拶をすればいいのか迷いますよね。

パート初日の挨拶は、職場の第一印象を決める一番大事な要素です。

みなみ
みなみ

これまでの転職経験から得た、私なりの「パート初日の挨拶の鉄則」があります!

初対面の人や大勢の前で話すことが苦手な人でも大丈夫!

実際の例文を含めながら、パート初日の挨拶のポイントを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

職場到着時の挨拶

まず、職場に到着後の最初の挨拶についてです。

挨拶の言葉以上に、到着時間に注意をしましょう!

職場の到着時間は事前に確認!

パート初日は制服の確認やロッカーの案内等のために、通常よりも早めに出勤が必要なこともあります。

そのため、事前に採用担当者にパート初日の出勤時間を確認しておくことが望ましいです。

特に指示が無い場合、勤務先のルールや着替えの有無等によって異なりますが、一般的には10~15分前到着を目安にするとよいでしょう。

出勤初日は慣れない通勤路のため、思いがけないトラブルが予想されます。

十分な余裕をもって出発をしましょう。

それでも遅刻しそうになった場合は、遅れることが分かった時点ですぐに連絡を入れることを忘れずに。

逆に、早すぎる到着もマナー違反です。
あまりに早く到着しそうな場合は、近くのコンビニ等で時間を調整しましょう。

到着後の最初の挨拶例文

パート初出勤の場合、インターホンや受付窓口、仕事をされている店員さん等に話しかけることから始まるのではないでしょうか?

職場全員が「新しいパートさんが来ること」を知っているとは限りません。

必ず自己紹介をしてから、採用担当者に繋いでもらうようにお願いをしましょう。

「お忙しいところ恐れ入ります。
 本日からパートとして入ります〇〇と申します。
 〇〇様を訪ねるように言われているのですが、どちらにいらっしゃいますか?」

仕事中の方に話しかける場合は、お客様対応をしていないタイミングを見計らって話しかけるように注意します。

スポンサーリンク

職場でお会いする方への挨拶

職場で初めて会う方には、必ず自分から挨拶と自己紹介をしましょう。

「おはようございます。本日からお世話になります〇〇と申します。
 よろしくお願いします。」

自分から自己紹介をすることで、相手の名前も自然な流れで聞くことができます。

職場の方の顔と名前を覚えることが、職場に馴染む第一歩です!

相手の名前はさりげなくメモしておきましょう。

みなみ
みなみ

こちらが自己紹介したときの相手の反応を見ることで、要注意人物を特定することもできます。

私の経験では、こちらが名乗っているにもかかわらず、名乗り返してくれない相手は要注意です。

しかし、仕事が始まると挨拶のタイミングがとりづらい状況も多々あります。

あきらかに仕事が忙しい中での挨拶は、「空気が読めない人」と思われるかもしれません。

その場合は相手の手の空いたタイミングを見計らって、挨拶が遅くなってしまったことを伝えると印象が良いです。

挨拶が遅くなってしまい申し訳ございません。
 本日からお世話になります〇〇です。よろしくお願いします。」

全体への挨拶(自己紹介)

職場によっては、全体の前で自己紹介を求められることもあります。

たくさんの初対面の前で話すのは、なかなか緊張してしまいますよね。

でも安心してください!

全体への自己紹介は簡潔に「名前」+「意気込み」の2文で十分です。

「本日からパートとしてお世話になります〇〇と申します。
 一日でも早く仕事に慣れることができるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

アットホームな雰囲気の会社であれば、「自分の経歴」についても1文追加して触れていいと思います。

このような2~3文の簡潔な自己紹介を、下記3点に注意して話しましょう。

  • 一番遠くの人にも聞こえる大きさの声
  • にこやかな表情(マスクがあるので大袈裟でOK)
  • 姿勢よく立って、最後におじぎ
みなみ
みなみ

これができれば100点満点です◎

一番NGなのは、長すぎる挨拶です。

自分が挨拶をしている時間、職場全員が仕事の手を止めて話を聞いていることを忘れてはいけません。

長すぎる挨拶は仕事の邪魔となってしまうので注意しましょう。

また、逆に名前だけの短すぎる挨拶も「やる気がない」と思われ、あまり印象はよくないです。

退社時の挨拶

パートの場合、他の正社員の方よりも早くに退社することが多いのではないでしょうか?

そのとき黙って退社するのは、絶対にNGです。

その日指導してくださった方などにしっかり挨拶をしてから帰るようにしましょう。

「本日はご指導ありがとうございました。また明日からもよろしくお願いします。お先に失礼いたします。」

まとめ:「挨拶」で職場に馴染むきっかけづくり!

仕事をしたことある人は「こんなの当然」という内容だったかもしれません。

でも意外に初日の挨拶で「損をしている人」がいるのでは…!?

  • 必ず自分から名乗る
  • 相手に聞こえる声量で明るく挨拶をする
  • 相手の仕事の邪魔をしないようにする

最初の挨拶で好印象を持ってもらえば、その後の仕事もきっとやりやすくなるはずです。

みなみ
みなみ

パート初日がうまくいくように応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました