面接も履歴書もいらない!単発バイト探しCheck

履歴書が手書きじゃないから落とすって本当?パソコンと手書きはどっちがいい?

  • URLをコピーしました!

「履歴書が手書きじゃないから落とす」ってことはあるの?
手書きとパソコンどっちがいい?

履歴書といえば手書きがメジャーですが、何社も応募する場合に一枚一枚書いていくのは大変…

できればパソコンで履歴書の作成時間を短縮したい!

でも「履歴書が手書きじゃないという理由だけで落とされたらどうしよう?」と不安な方も多いはずです。

本記事では、実際に採用担当としてたくさんの履歴書を見た立場から、下記の疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 手書きじゃない履歴書だと落ちる?
    →指定がなければ手書きにこだわる必要はない
  • 履歴書をパソコンで作るメリット
    ①効率よく複数の履歴書を作れる
    ②パソコンスキルのアピールになる
  • 手書きとパソコン作成どっちがいい?
    →自分がアピールできる方を選ぼう
  • 手書き以外で履歴書を作成する方法
    →パソコンなら「doda
    →スマホなら「ヤギッシュ
みなみ

実際に私はパソコン作成の履歴書でパート・バイトに応募していますが、無事に採用されています…!

筆者みなみのプロフィール
自己紹介♩
目次

履歴書が手書きじゃないから落とすって本当?

いまの時代、「履歴書が手書きじゃないから落とす」なんていう会社はほとんどありません

ごく一部では、「手書きじゃないなら絶対落とす!」という偏った採用基準の会社もあるでしょう。

ただし、逆にそういった謎ルールのある会社では採用後にも謎ルールに苦労する可能性が高いです。

むしろ「書類選考で落とされた方がいい」と前向きに考えましょう。

みなみ

履歴書は自分がもっともアピールできる形で作るのが一番!

ただし、人柄が伝わりやすいという理由で手書きの履歴書を好む会社が一定数いるというのも事実です。

手書きの履歴書を評価する会社は約3割

転職サイトの調査によると、手書きの方がよいと回答した採用担当者は27.2%でした。

みなみ

履歴書のほうが評価されやすい傾向はあるみたい…!

でもほとんどはパソコン作成の履歴書でOK!

しかし、最も多かったのは「履歴書は手書きでもパソコンでもどちらでもかまわない」という回答です。

むしろ「パソコンスキルをチェックできる」という理由でパソコン作成の履歴書のほうがよい、といった会社もあります。

しかし、履歴書の作成方法に指定がないのであれば、履歴書の作成方法にこだわる必要はありません

みなみ

自分にあった作成方法を選びましょう♪

【体験談】手書きじゃない履歴書でバイト応募した結果

実際、私は手書きじゃないパソコン作成の履歴書で医療事務パート(バイト)に応募しています。

みなみ

結果としては、手書きじゃない履歴書でもすべて問題なく書類選考を通過できました!

また、私は以前に会社の総務部において、たくさんの履歴書をみる機会がありました。

その際・・・

  • 新卒応募
    すべて手書き履歴書
  • 中途応募
    ほとんどがパソコン作成履歴書
  • パート・アルバイト応募
    手書き履歴書の方が多い

全体的に上記のような作成形式で、新卒以外だとパソコン履歴書が増えている印象です。

履歴書をパソコンで作るメリット

履歴書をパソコンで作成するメリットはたくさんあります。

  • 誤字・脱字ミスによって何度も書き直し、ということがない
  • 複数の応募先にデータを使い回しできる
  • 履歴書の購入費用がかからない
  • パソコンスキルのアピールができる

特に複数の応募先がある場合、手書きでの履歴書作成は一枚一枚書くのでかなりの時間が必要。

一方、パソコンで履歴書を作る場合、一度フォーマットにすべて入力してしまえば志望動機等の一部の修正だけで使い回しが可能です。

みなみ

パソコンだと効率よく履歴書を作成できるので、そのぶん面接対策等に時間を使えます♪

最近では、採用活動がすべてWEB上でおこなわれる会社も多いです。
そのような場合、電子データでの履歴書提出を求められるので、ひとつ自分のパソコン作成の履歴書を作っておくと慌てずに済みます。

履歴書は手書きとパソコンどっちがいい?

履歴書の作成方法について、手書きとパソコンのどちらがよいかどうかは人によります。

手書きの履歴書
が向いている人
パソコン作成の履歴書
が向いている人
  • 字がキレイな人
  • 本気度の高さをアピールしたい人
  • パソコン作業が苦手な人
    ※スマホで作る方法もあり
  • 字を書くのが苦手な人
  • 効率よく就職活動したい人
  • パソコンスキルをアピールしたい人

それぞれ説明していきます。

手書きの履歴書が向いている人

  • 字がキレイな人
  • 本気度の高さをアピールしたい人
  • パソコン作業が苦手な人
    ※スマホで作る方法もあり

手書きの履歴書のメリットは、手書きの文字による情報で採用担当にアピールできるところです。

例えば、まったく同じ内容の履歴書であっても、「手書きの文字が丁寧か、雑なのか」で採用担当者の受ける印象はまったく違います。

丁寧に手書きされた履歴書は、それだけで「几帳面な方なんだろうな~」「うちへの志望度が高いんだろうな~」と良いイメージがつきます。

手書きの履歴書には作成時間が掛かるデメリットがありますが、時間に余裕がある方は思いを込めた手書きの履歴書をおすすめします。

パソコン作成の履歴書が向いている人

  • 字を書くのが苦手な人
  • 効率よく就職活動したい人
  • 複数社への応募を考えている人
  • パソコンスキルをアピールしたい人

パソコン作成の履歴書のメリットは、効率よく何社分もの履歴書を作成できるところです。

手書きだと1枚1枚作成に時間が掛かりますが、パソコンであれば複数社分の履歴書を一気に作成可能です。

現在お仕事をしながらの転職活動で時間がない!といった方には、パソコン作成での履歴書をおすすめします。

また、事務職などパソコンスキルが必要とされる仕事に応募する場合は、パソコンスキルのアピールにもなって好印象です。

履歴書をパソコン・スマホで作る方法は?

履歴書フォーマットをダウンロードできるサイトを2つ紹介します。

それぞれ以下のような方におすすめです。

  1. doda(デューダ)
    • PCのOfficeソフトで入力・編集したい方
  2. ヤギッシュ(yahish)
    • パソコンやスマホのブラウザ上で作成したい方
みなみ

どちらも無料でダウンロードできます♪

手書きで履歴書を作成したい方は?
  • dodaでPDF形式をダウンロード
  • 100均(ダイソー、セリア等)で購入
  • Amazonで購入

1:doda(Word・Excel・PDF)

転職サイト「」では、履歴書テンプレートを無料でダウンロードできます。

みなみ

パソコンのWordやExcelで作成したい方におすすめです!

ダウンロード可能な履歴書の種類はこちら。

  • JIS規格の履歴書テンプレート
  • 厚生労働省の履歴書テンプレート
  • 職歴欄が多い履歴書テンプレート
  • 志望動機を強調できる履歴書テンプレート
  • スキルや強みを強調できる履歴書テンプレート

自分が書きたいこと、アピールしたいことに適した履歴書テンプレートを選びましょう。

>>dodaで履歴書ダウンロード

ダウンロード形式は、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PDFから選べます。

2:ヤギッシュ(スマホからでも作れる)

ヤギッシュ履歴書

ヤギッシュ(yagish)は、パソコンやスマホのブラウザ上で履歴書が作成できる無料サービスです。

みなみ

スマホで手軽に作成したい方におすすめです!

作成できる履歴書の種類はこちら。(全11種類)

  • 転職用の履歴書(厚生労働省推奨)
  • 転職用の履歴書(職歴欄短め)
  • 転職用の履歴書(旧 JIS規格)
  • 新卒用の履歴書
  • 新卒用A4一枚で書ける履歴書
  • インターンシップ用の履歴書
  • アルバイト用の履歴書
  • パート(パートタイム)用の履歴書
  • A4一枚で書ける履歴書
  • 証明写真なしの履歴書(職歴欄長め)
  • 証明写真なしの履歴書(職歴欄短め)

インターネットの画面上で必要項目に答えていけば、自動で簡単に履歴書が完成します。

>>ヤギッシュの履歴書作成サービス

ヤギッシュでは、送付状や職務経歴書も作成できます。

手書きじゃない履歴書を出すのが不安なら

「手書きじゃない履歴書が原因で落ちたらどうしよう…?」とどうしても不安な場合は、手書きの履歴書を選んだ方が無難でしょう。

ただし、手書きとパソコン作成それぞれのメリットデメリットがあります。

みなみ

自分の志望度の高さ、履歴書作成に掛けられる時間、アピールポイント等をいろいろ考慮して選びましょう…!

パソコン作成の履歴書であっても…

  • 氏名だけは手書きで記入する
  • 封筒の宛名を丁寧に書く

上記の対策だけでも、履歴書手書き派の採用担当者へよいイメージを与えると思います。

よかったら参考にどうぞ。


このブログでは、パート就職活動を何度も経験した立場から、パート主婦の就職活動を応援する記事を書いています。

パート主婦の就職活動に役立つ記事
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次