\ 主婦におすすめ!かんたん在宅ワーク4選 /

【例文あり】未経験・無資格の医療事務の志望動機は?私の実例紹介

未経験・無資格の医療事務パート志望動機パート
パート

医療事務の志望動機ってなにを書けばいいの?

履歴書を書く際、一番頭を悩ませるのは志望動機ではないでしょうか?

それが未経験の業種の場合はなおさらです。

みなみ
みなみ

私も未経験・無資格で医療事務のパートに応募する際にすごく悩みましたが、無事に採用をいただくことができました!

この記事では、私の参考例を含めながら無資格・未経験でも合格できる医療事務の志望動機のポイントをご紹介します!

筆者「転勤族みなみ」について
  • 未経験・無資格で医療事務のパート勤務。
  • 以前、パート採用担当者の経験あり。
医療事務の関連記事
スポンサーリンク

「オリジナル」の志望動機を考えよう

今の医療事務のパートに応募した私の ”正直な理由” はこちら。

  1. スキルを身に着けたい
  2. 家から近い
  3. シフトの都合がよい
  4. ほかに事務職の募集がなかった

最後の「ほかに募集がなかった」は論外として、1~3番の志望動機を履歴書に書かれるパートさんは多いのではないでしょうか?

でも、この1~3番の志望動機は「未経験で医療事務希望者」ならほぼ誰でも当てはまる志望動機です。

みなみ
みなみ

まったくオリジナリティーがない…!

志望者1人の場合はこの志望動機でもいいかもしれません。

しかし倍率が高い場合、ありきたりの志望動機での書類選考通過はかなり難しいでしょう。

経験者の応募者もいる中、未経験者が選考に食い込むためにはオリジナルの志望動機を考えましょう!

スポンサーリンク

医療事務の志望動機ポイント2つ

経験なし・資格なしで医療事務を志望する場合、志望動機に必ず入れたい内容は大きく2つです。

  1. 医療事務になりたい理由
  2. その病院を選んだ理由

採用側にとって、未経験・無資格の人を採用する場合に気になるポイントが上記2つだからです。

この2つの理由をうまく説明できるかどうかで、求職者側の本気度が図られます。

みなみ
みなみ

これから、上記2項目それぞれの気を付けるポイント例文をご紹介します♪

志望動機①医療事務になりたい理由

特に医療業界未経験の場合、「なぜ医療事務の仕事?」と採用側は必ず思うでしょう。

採用側がしっかりと納得できる理由を考えましょう。

対策│自分のスキル・経験を入れる

おすすめは、「自分のスキル・経験を活かせる」という志望動機です。

医療事務は、事務職の中でも ”接遇・対人スキル” を求められるお仕事です。

みなみ
みなみ

特に「無資格・未経験可」の医療事務職の場合は、専門知識がほとんど必要のない受付業務の担当となることが多いでしょう。

そのため、「接客スキル」+「事務スキル」という構成がおすすめです。

私の場合は、このように書きました。

「公務員時代には、幅広い年齢層の方と接する業務を担当しており、人と接する仕事にやりがいを感じていました。また、前職の事務職では、経理を担当しており、パソコンでの事務処理を得意としています。医療事務では、その両方の経験を活かせると考えて志望しました。」

ほかにも参考例です。

例文 :事務職の経験 + 人と接するのが好き

「前職の事務職では、さまざまな書類作成・事務処理を行っており、パソコンでの正確かつ迅速な作業を得意としています。もともと人と接することが好きなので、事務をしながらたくさんの人と接することのできる事務職に魅力を感じました。」

例文 :接客業の経験 + パソコンスキル

「人と接することが好きで、これまでも接客業に従事してきました。しかし、自分のもつパソコンスキルを活かしながら、もっと人の役に立て、専門的なスキルを身に着ける仕事をしたいと考え、医療事務を志望しました。」

対策│エピソードを入れる

医療事務を志望したきっかけとなるエピソードを盛り込むのもよいでしょう。

エピソードによって、求職者の人柄をつかみやすくなります。

ただし、エピソードだけでは弱いので、「スキル」+「エピソード」の構成をおすすめします。

例文

「人と接することが好きで、これまでも接客業に従事してきました。しかし、先日病院を利用した際に、受付の方の細やかな気配りとテキパキと仕事をされる姿に心惹かれ、医療事務を志望しました。前職の接客スキルを活かして、患者さまに寄り添える医療事務員になりたいです。」

幼少期など、昔すぎるエピソードはやめましょう。

新卒志望ならいいですが、ある程度の職歴をもつ場合、「じゃあなんでこれまで医療関係の仕事をしなかったのか?」と思われます。

志望動機②その病院を選んだ理由

「なぜこの病院を選びましたか?」という問いに対して、

「未経験OKだったから」
「求人がここしかなかったから」
「家から近かったから」

これが正直な理由であっても、そのまま伝えてしまうと印象はよくないです。

病院側が納得できる、「病院の特徴(=こだわり)を含めた理由」を考えましょう。

その病院を選んだ理由が明確であるほど有利になります。

対策│ホームページをみる

いま、多くの病院が独自のホームページを持っています。

そのホームページの内容から、自分の志望動機と組み合わせられるような部分を見つけましょう。

例文

「前職のテレフォンオペレーターの仕事では、お客様のご質問にただ回答するだけではなく、お客様の感情にも寄り添った対応を心掛けていました。『患者に寄り添う看護』をモットーとしている貴院で医療事務として貢献したいと思い、志望いたしました。」

ホームページでは、そのデザインや内容等から病院のターゲット層を把握することもできます。面接前にしっかりとチェックしておきましょう。

対策│受診してみる

可能なら、その病院を実際に受診したときの印象を述べるのがよいでしょう。

その病院のこだわりに気づくことができれば、病院側はとっても嬉しいはずです。

例文

「貴院のスタッフさんは忙しい中でも笑顔で対応し、いつも生き生きと働いている姿をみて、私もそのチームの一員となりたいと思い、貴院を志望しました。」

対策│求人票を読み込む

病院のホームページがなく、受診経験もない場合、応募する病院の情報が得られずに困りますよね。

みなみ
みなみ

私が応募したクリニックも、ホームページがないクリニックでした。

また、転勤族で引っ越してきたばかりで受診したこともなかったので悩みました。

その場合は、病院の出している求人票から情報を集めましょう!

私の応募したクリニックの求人票には、
「育児中のスタッフが多いため、臨時でほかの曜日にも入っていただくことがあります」という記述がありました。

その部分をちゃんと読んでますよー!大丈夫ですよー!というアピールを込めて、履歴書にはこのように書きました。

「貴院は家から近く、急なシフト変更にも対応できるから。」

あと求人票には「未経験者歓迎」という記述があったので、面接の際には、

「求人票から求人担当者さんの温かいお人柄を感じて、このクリニックを志望しました。」

ということを伝えました。

「家から近かったから」
「未経験OKだったから」

このようなありがちな志望動機でも、ただ事実を伝えるより採用側のメリット自分の気持ちを加えるだけで印象が変わります。

みなみ
みなみ

情報が少なくて困ったときは、求人票からヒントを探しましょう!

ホームページがないのは、基本的に小さいクリニック、診療所の場合だと思います。

求人票で病院の立地や企業情報を確認し、「地元の患者さんが多く訪れるので、温かいコミュケーションをとれると思ったから」等もよいと思います。

医療事務未経験でもあきらめずに応募しよう!

医療事務のお仕事は、コロナ禍によって求人が増えたといえども倍率の高い人気の職種です。

未経験・無資格の場合、なかなかの狭き門のところが多いでしょう。

ただ、自分のこれまでのスキルや経験をしっかりアピールできれば勝機は十分にあります!

みなみ
みなみ

本記事で紹介したポイントに気を付けて、オリジナルの志望動機をつくりましょう!

【補足】書類選考通過後に向けて

書類選考通過後に向けて、面接対策の準備も進めておくことをおすすめします。

私の場合は、採用面接前に医療事務についての本を読んで勉強をしておきました。

求人が「未経験・無資格OK」といえども、ある程度の医療事務の仕事について知っておく方が絶対によいでしょう。

参考 初心者が選ぶ!医療事務を勉強できるオススメの本3選【2021年度】

また、私が実際に面接で受けた質問内容について、下記の記事でご紹介しています。

よかったら面接前のイメージトレーニングにどうぞ。

参考 未経験者が実際に医療事務の面接で受けた質問と回答例

みなみ
みなみ

医療事務は、大変ですがとってもやりがいのある仕事です。

医療事務を目指す方の就職活動を応援します!

医療事務の資格をとるなら
みなみ
みなみ

資料請求は無料です!
悩んでいる方は是非資料を読んでご検討いかがでしょうか?

医療事務の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました